第104回「恋愛自主規制」

2016.7.1

その1

ダウンロード104-1

その2

ダウンロード104-2

その3

ダウンロード104-3

その4

ダウンロード104-4

アフタートーク

アフタートーク

 

今、メディアの世界には“自主規制”なるものがはびこっています。

辞書によれば、自主規制とは「批判や攻撃あるいは公権力の介入などを避けるために、

個人や団体が、自主的にその活動に制約を加えること」。

 

要するに、「これやったら怒られるかな……」「これ言ったら傷つけちゃうかな……」

という風に先回りの気づかいをして、行動や発言を自主的に制限することです。

「言いたいことも言えないこんな世の中は〜♪」という歌が聞こえてきそうですね。

わからない人はググってね。

 

まあ、メディアが何たらといったデカいスケールのことはよくわかりませんが、

こういった自主規制は恋愛でも実によく起こることです。

例えば過去に一度ケンカをしたことがあり、

互いの了解として「これは止めておこう」となっている場合は普通の規制ですが、

自分で勝手にラインを引いて言動を制限している場合は自主規制となります。

 

・ジブリ映画が大好きで繰り返し観たいけど、

「また観てんの?」と思われそうで妻の前では観れない

 

・いろいろ自主規制してたら、何か彼氏と話すことがなくなってしまった

 

例えばこんなエピソードを耳にしましたが、

これは結構ストレスの溜まることではないでしょうか。

言いたいことが言えない、やりたいことができない。そういうことを繰り返すうち、

相手との関係性が徐々に壊れていく……そんなことすらあるのではないかと思っています。

 

 

そんなわけで今回は、二軍ラジオ3回目の登場となるトリノさんをゲストに迎え、

「恋愛自主規制」にまつわるいろんなエピソードを紹介していきたいと思います。

 

 

清田代表(バリバリの自主規制派で、「何で俺ばっか!」と思ってます)

森田専務(たまに規制するし、相手に規制されてると思います)

佐藤広報(よく考えたら、自主規制をしたことが一回もありません)

トリノさん(自主規制のスタンスは専務と大体同じです)

 

 

 

Web

第103回「専務の旅」

2016.5.21

その1

ダウンロード103-1

その2

ダウンロード103-2

その3

ダウンロード103-3

その4

ダウンロード103-4

アフタートーク

ダウンロード103-5

 

今年のGWに16連休が取れ、丸々2週間台湾を旅してきた森田専務。

その大半は、たった一人で台湾のトレイル(山道)を走っているだけという

旅行だったそうです。

 

実に変わり者の専務らしい奇妙な旅路ですが……

その顛末を聞いた清田代表は、「これは恋愛にも役立つ話だ!」と感じました。

 

我々は日経ウーマンで「恋愛ビブリオセラピー」という連載をやっています。

これは「恋愛に直接関係ないけど恋愛に役立つ本」を紹介するという企画なのですが、

専務の旅にもそれと通じるものを感じました。

 

桃山商事の活動とも関係なく、まったく恋バナでもない専務の旅行記を、

なぜ恋愛に役立つ話だと感じたのか?

 

そこには、「野生」や「偶然性」や「自分の再発見」といった、

“現代人の恋愛に不足しているもの”(by清田)がつまっていました。

 

そんなわけで今回は、普段の二軍ラジオと少し主旨を変え、森田専務の旅行記を

「恋愛に直接関係ないけど恋愛に役立つ旅の話」という切り口で紹介していきたいと思います。

※こちらが草原で専務が遭遇した水牛。

水牛

 

 

清田代表(ここには現代の恋愛に不足しているすべてがある!)

森田専務(本当に俺の旅行がラジオのテーマになるの?)

佐藤広報(北京旅行編のトラウマを目指して……)

 

 

 

Web

 

第102回「恋愛右翼と恋愛左翼」

2016.4.2

その1

ダウンロード102-1

その2

ダウンロード102-2

その3

ダウンロード102-3

その4

ダウンロード102-4

アフタートーク

ダウンロード102-5

 

今回のテーマは「右翼と左翼」です。

……なんて書くと物々しい雰囲気が漂いますが、

前に日経ウーマンの連載で書いた記事の延長戦ということで、

「右翼=保守的、多数派」と「左翼=革新的、少数派」というザックリした二分法を導入し、

恋愛の様々なシーンに立ち現れる価値観の相違を眺めていこうという企画です。

 

※参考記事「桃山商事の恋愛ビブリオセラピー」

【「恋愛左翼」と「恋愛右翼」あなたはどっち? あいまいな“相性”の正体】

 

今回はゲストに、編集者の森山組長をお招きしました。

第75回「なにして遊ぶ?」の回にも出演してくれた我らの頼れる兄貴です。

 

※第75回「なにして遊ぶ?」

 

「自他の価値観を細かく把握し、とかく曖昧な“相性”というものの正体をつかむため」に

有用な「右翼/左翼」というツール。これを元に、恋愛観からはては“お墓観”まで、

様々な問題について考えてみました!

 

 

清田代表(概ね左翼的だけど、ベースは右翼疑惑)

森田専務(ネイティブ左翼だけど、人生は右翼的)

佐藤広報(やっぱりギンギンの右翼)

森山組長(恋愛リベラル保守宣言!)

 

※森山組長は最近「STAND!BOOKS」という出版社を立ち上げました。

いずれ桃山商事もここから本を出すのが夢ですので何とぞ\(^o^)/

http://stand-books.com/

 

 

 

 

Web

 

第101回「軽率24時」

2016.3.2

その1

ダウンロード101-1

その2

ダウンロード101-2

その3

ダウンロード101-3

その4

ダウンロード101-4

アフタートーク

ダウンロード101-5

 

今回テーマは「軽率」です。昨今多発している浮気や不倫の事件を見ていても、

軽率さがその一因になっているものも少なくないと感じます。

 

気をつければ防げた凡ミスを犯してしまったり、

デリカシーに欠ける言動で相手を怒らせてしまったり……。

そんな経験は誰にでもあるはずです。そもそも軽率とは慎重の対義語です。

そこからして、何だかネガティブな香りが漂っていますよね。

 

そんなわけで今回は、軽率にまつわるエピソードをいろいろ紹介しつつ、

恋愛と軽率の関係について考えていきたいと思います。

そして、「男3人ってのも何だし、とりあえず女子呼ぼうぜ!」という軽率な気持ちで

女性のゲストも呼びました。ワッコさんという友達です。

本人も「えっ、軽率ってテーマでなぜ私?」と若干戸惑っておりました。

 

そして清田代表は「軽率庁長官」を自認するほど軽率さに定評のある男なので、

後ろめたさで舌鋒が鈍くなってる清田の勇姿もお楽しみいただけたら幸いです。

 

 

清田代表(ミスター軽率)

森田専務(慎重そうで意外に軽率?)

佐藤広報(軽率そうで意外に慎重?)

ワッコさん(「軽率24時」というタイトルの名付け親)

 

 

 

Web

 

第100回「『ごめんなさい』の伝え方」

2016.2.3

桃山商事からのお詫び

ダウンロード100-0

その1

ダウンロード100-1

その2

ダウンロード100-2

その3

ダウンロード100-3

その4

ダウンロード100-4

その5

ダウンロード100-5

 

 

あの伝説のリニューアル宣言から約半年。

桃山商事のラジオが、いよいよ帰ってまいりました。

 

……見ての通り、何も変わらぬ姿で/(ToT)\

 

本当に申し訳ありません。

 

100回を機にタイトルもサイトも構成もすべて一新し、

さらなる進化を遂げた番組をみなさまにお届けしたい!

と意気込んでいたのですが、

人為面・システム面の双方に重大な不備が見つかり、

お約束していたリニューアルが遂行できない事態となってしまいました。

 

おまけに、2015年8月6日に阿佐ヶ谷ロフトで開催した100回記念イベントも、

我々の録音技術が未熟だったなどの要因により、幻の回になってしまいました。

 

というわけで、桃山商事メンバーで協議をいたしましたところ、

そのまましれーっと再開することがベストであるという判断に至り、

今回を第100回に再び月イチ更新目標でやっていくことになりました。

 

楽しみに更新をお待ちしていたみなさまには、

心よりお詫び申し上げます。本当に申し訳ありませんでした!

 

そんなわけで、今回のテーマは「謝罪」です。

この社会ではここ数年「謝罪会見」が何かと注目されるようになっているし、

恋愛や結婚生活においても、何かと「ごめんなさい」を言う機会は訪れます。

 

下記の図やこちらの記事も参考に、

「謝られたけど、何かモヤモヤ……」彼の謝罪が腑に落ちないのはなぜ?

「ごめんなさい」の伝え方について考えていきたいと思います。

 

新生二軍ラジオをどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

 

清田代表(いろいろあって…仕方なかったんです…【弁解】)

森田専務(リニューアルしないことがかえって良かったかも【正当化】)

佐藤広報(そもそも遅れてなんかいません!!【否認】)

 

 

判断のフロー

 

 

Web

第99回「お姫様願望の不思議」

2015.7.21

その1

ダウンロード99-1

その2

ダウンロード99-2

その3

ダウンロード99-3

その4

ダウンロード99-4

アフタートーク

ダウンロード99-5

 

 

「選ばれたい」「告白されたい」「愛されたい」etc……

女性たちから恋バナを聞いていると、こういった言葉をよく耳にします。

確かにそうだよなあと思う反面、不思議に思う部分も正直あります。

それは、「なぜ“受身”なんだ?」という点です。

 

これはジェンダー研究の世界で

「お姫様願望」「シンデレラ・コンプレックス」

と呼ばれるもので、昔から研究の対象になっているとか。

 

絵本やマンガを通して知らぬ間に刷り込まれていくというこの感覚は、

我々男からすると、ちょっと不思議なものにも思えます。

 

そこで今回は、少女マンガの研究者でもあるトミヤマユキコさんをゲストに迎え、

この「お姫様願望」について考えてみたいと思います。

 

お姫様抱っこ、プロポーズ、寝顔のデッサン……

今回も知人やリスナーさんをはじめ、

数多くの方にエピソードを教えていただきました。

いつも本当にありがとうございます\(^o^)/

 

そして……次回はいよいよ第100回です!

テーマは「元カレ元カノの荷物をどうするか問題」

8月2日(日)18時半〜@阿佐ヶ谷ロフトで記念イベントを開催いたしますので、

ぜひ遊びにきてください(マジで切実に!)。

http://www.loft-prj.co.jp/schedule/lofta/35652

 

 

清田代表(自分の中にもお姫様願望がありました)

森田専務(お姫様扱いが昔から苦手です……)

佐藤広報(彼女に花束をプレゼントする男です)

トミヤマさん(蓋をしていたお姫様願望が……)

 

 

◆◆◆今回のゲスト◆◆◆

トミヤマユキコさん(@tomicatomica

ライター・研究者。1979年秋田県生まれ。日本の文芸やサブカルチャーを得意分野とするライター だが、

少女メディアに描かれた女の労働について研究したり論文を書いたりする研究者としての一面も。

現・早稲田大学文化構想学部非常勤講師。

主な論文に 「安野モヨコ作品における労働の問題系」(『早稲田大学大学院文学研究科紀要 第57輯』所収)など、著書に『パンケーキ・ノート おいしいパンケーキ案内100』(リトルモア)がある。

趣味はパンケーキの食べ歩き。

 

・連載「労働系女子マンガ論!」

http://tababooks.com/taxtbinfo/joshi-manga

・清田との共同連載「大学デビューの落とし穴」

http://news.mynavi.jp/series/daigakudebut/menu.html

 

 

 

 

Web

第98回「慣れとマンネリの恋愛学」

2015.6.29

その1

ダウンロード98-1

その2

ダウンロード98-2

その3

ダウンロード98-3

その4

ダウンロード98-4

 

 

二軍ラジオもついに98回目を迎えました。

4年前の冬に思いつきで始めたネットラジオですが、

よくもここまでコツコツと続けてこられたものです。

これもひとえに聴いていただけるみなさまのおかげです!

 

そんな今回のテーマは……「マンネリ」です。

全然おめでたくありませんね。

きっかけは、たまに登場する横山支店長のひと言でした。

 

「お前らのラジオは最近マンネリしている!」

 

我々の「もうすぐ100回だワーイ\(^o^)/」というムードに、

キンキンの冷や水をぶっかける横山支店長のご指摘。

 

音が悪い、話が長い、構成にも変化がない……。

何より、君らにはリスナーさんに対する想像力が欠けている!

と、めっちゃ説教を食らいました。

 

マンネリは恋愛における永遠のテーマですが、それを考えていくことは、

二軍ラジオのマンネリを打破する上でも大変役立つかもしれない。

そんな狙いで、マンネリ問題と正面から向き合ってみました!

 

 

清田代表(タイトルは國分功一郎先生のご著書からパクりました)

森田専務(個人的に恋愛でマンネリしたことがありません)

佐藤広報(今回から高速バージョンでお送りいたします!)

 

 

 

 

 

Web

 

第97回「恋する買い物97番勝負」

2015.4.25

その1

ダウンロード97-1

その2

ダウンロード97-2

その3

ダウンロード97-3

その4

ダウンロード97-4

 

 

 

今回のテーマは「買い物」です。

 

何かを買いに行ったり、街へ出たついでにお店をふらっとのぞいたり……

誰しも、恋人や気になる人と買い物をした経験があると思います。

 

何気なさすぎる日常のひと場面かもしれませんが、買い物というのは案外、

恋愛の悲喜こもごもが起こるシーンだったりします。

 

二軍ラジオではこれまで食事や旅行といった、

「改めて考えることはあまりないけど、改めて考えてみると案外いろんなことが見えてくる」テーマにスポットを当てるシリーズを時折やってきました。今回もそんなもののひとつです。

 

タイトルは、森田専務が敬愛するフードジャーナリスト・平松洋子さんのエッセイ集

『買物71番勝負』(中公文庫)からインスピレーション(パクり)をいただきました。

 

というわけで、買い物中に起こったトラブルや、相手の買い物スタイルから見えた

価値観のズレなど、様々なエピソードを紹介しながら「恋愛と買い物」について

考えてみたいと思います。

 

今回もたくさんのエピソードをご投稿いただきました。

みなさま、本当にありがとうございました!

 

 

清田代表(一緒に買い物に行ってカワイイを連呼します)

森田専務(買い物はデートの定番です)

佐藤広報(恋人と買い物をしたことがありません)

 

 

 

Web

 

第96回「男らしさクライシス〜「ダサい」をめぐって〜」

2015.4.4

その1

ダウンロード96-1

その2

ダウンロード96-2

その3

ダウンロード96-3

その4

ダウンロード96-4

 

今、「男らしさ」が危機に瀕しています。

 

……すいません、『クローズアップ現代』みたいなことを言いたかっただけです。

でもまあ、セクハラ問題やモラハラ問題が炎上しやすくなっているのは事実であり、

男は旧来の「男らしさ」を見直さなくてはならない時期に差しかかっているような

気がすることは確かです。

 

では、男らしさとはなにか……。

ミスチルの歌詞みたいな問いですが、我々がない頭で必死に考えたところ、

 

「ダサいと思われたくない」

 

この一点に集約されるのではないかという結論に至りました。

 

負けるのが怖い、センスいいと思われたい、頭良いと思われたい、

すごい人間だと思われたい、体裁やメンツを気にする、男の沽券、男のプライド、

などなど……そういった“男らしい”ものの根っこには、「ダサいと思われたくない」

という気持ちが通底しているのではないか。それが我々の見立てです。

 

この部分を直視することからしか、「男らしさ」を見つめ直すことはできません。怖いです。逃げたいです。でも、直視しなければなりません。

 

そこで今回は、女性たちから「男にダサいと感じた瞬間」をテーマに様々なエピソードを

ご投稿いただき、それについて心をえぐりながら自らのダサさについて考えてみました。

 

メール投稿いただいたみなさま、本当にありがとうございました!

時間の都合で紹介しきれなかったネタも多々あります。それは別途、連載記事などで

使用させていただきたいと考えています!

 

 

 

清田代表(カッコイイよりもカワイイの方が偉いと思ってます)

森田専務(変なところで男らしさにこだわってしまいます)

佐藤広報(服はダサいけど、カッコイイ男でいたいと思ってます)

 

 

 

 

Web

 

 

第95回「恋のやるやる詐欺」

2015.2.11

その1

ダウンロード95-1

その2

ダウンロード95-2

その3

ダウンロード95-3

その4

ダウンロード95-4

 

やるやる詐欺……我々男子にとって、これは耳の痛い言葉です。

 

あれもやる、これもやる、それもやる。

マジでいつかデッカイことやる。

 

そんなことを、私たちは永遠に言ってるような気がします。

でも、大抵は実現されずに終わります。

なぜなら、やらないからです。

 

現実とはいつも厳しいものです。

時間にもエネルギーにも限界があるし、

人だっていつまでも待ってはくれません。

 

今回は、恋愛で起きた「やるやる詐欺」の事例を集めながら、

めっちゃ胸を痛めながら自己反省してみました。

 

そして……二軍ラジオは今回で4周年!

ここまで来られたのもみなさまのおかげです\(^o^)

 

 

清田代表(ウィッシュフルで実行力に欠ける夢想家)

森田専務(実行力がありすぎるウィッシュフルな夢想家)

佐藤広報(永遠のウィッシュフル男子)

 

 

 

 

 

 

Web

  • 第104回「恋愛自主規制」
  • 第103回「専務の旅」
  • 第102回「恋愛右翼と恋愛左翼」
  • 第101回「軽率24時」
  • 第100回「『ごめんなさい』の伝え方」
  • 第99回「お姫様願望の不思議」
  • 第98回「慣れとマンネリの恋愛学」
  • 第97回「恋する買い物97番勝負」
  • 第96回「男らしさクライシス〜「ダサい」をめぐって〜」
  • 第95回「恋のやるやる詐欺」
  • 第94回「ぼくらが知らない、女たちのワンナイトカーニバル」
  • 第93回「私たちはなぜ別れないのか?」
  • 第92回「恋とクルマ」
  • 第91回「恋の外野」
  • 第90回「女の浮気、男はどう受けとめる?」
  • 第89回「恋の貸し借り」
  • 第88回「自分史上最高のエロ」
  • 第87回「恋の遺産」
  • 第86回「彼氏の知らない私」
  • 第85回「恋のトラベル・トラブル」
  • 第84回「母と息子」
  • 第83回「2013ファイナルエレクション」
  • 第82回「フラート入門」
  • 第81回「隣にいるのに、遠くに感じる」
  • 第80回「スイートになりたくて」
  • 第79回「恋人の友達」
  • 第78回「言いづらさを抱きしめて」
  • 第77回「ヤリチン、その生態と習性」
  • 第76回「セックスしたくなったとき、女の子はどうしてますか?」
  • 第75回「なにして遊ぶ?」
  • 第74回「結婚式なんて大嫌い!?」
  • 第73回「食事の時間」
  • 第72回「告白のジレンマ」
  • 第71回「恋とお酒の不思議なカンケイ」
  • 第70回「男のカッコつけ大辞典」
  • 第69回「桃山恋愛相談室ー『これって脈アリ?』編」
  • 第68回「ウソのホント」
  • 第67回「恋する紅白歌合戦」
  • 第66回「結婚と幸せのハナシ」
  • 第65回「ケンカの火種」
  • 第64回「男のカラダ」
  • 第63回「恋のキャッチコピー」
  • 第62回「リメンバーなれそめ」
  • 第61回「ア・イ・シ・テ・ルのサイン」
  • 第60回「アレ、ソレ、コレって、どれ?」
  • 第59回「男とは…」
  • 佐藤広報の「街コン研究家だけど何か質問ある?」
  • 第58回「恋とお金と男と女」
  • 第57回「失恋から立ち直る57の方法」
  • 第56回「ねじれ女子の対応マニュアル」
  • 第55回「合コン革命2012」
  • 第54回「いいデート、悪いデート」
  • 第53回「片想いの不思議」
  • 第52回「男子が学ぶ生理のハナシ」
  • 第51回「ひとつ屋根の下」
  • 第50回「恋のノルマンディー上陸作戦」
  • 第49回 「恋愛の可能性」
  • 第48回 「さよならのカタチ」
  • 第47回 「秘密のヒミツ」
  • 第46回 「あの素晴らしい愛をもう一度」
  • 第45回 「モテ本白書 男性編」
  • 第44回 「恋のTPO事件簿」
  • 第43回 「絵美と大輔」
  • 第42回 「メモリアル記念日」
  • 第41回 「恋のスキーム」
  • 第40回 「恋のトロフィー」
  • 第39回 「それを言ったらおしまいよ」
  • 第38回 「エアメール from 結婚の国」
  • 第37回 「2011年クソメール大賞」
  • 第36回 「恋のガラパゴス化」
  • 第35回 「油断の38度線」
  • 第34回 「恋の『いいね!』」
  • 第33回 「女子にイラっとした瞬間」
  • 第32回 「恋とトライアスロン」
  • 第31回 「おしゃれカンケイ」
  • 第30回 「桃山研修旅行 in バンコク」
  • 第29回 「男子のセックス観」
  • 第28回 「桃山研修旅行 in 北京」
  • 第27回 「男子の自意識」
  • 第26回「恋のアンビバレント」
  • 第25回「恋のYAH YAH YAH」
  • 第24回「恋の名言」
  • 第23回「恋愛の非言語的コミュニケーション」
  • 第22回「男子の包容力」
  • 第21回「ときめきメモリアル」
  • 第20回「女友達」
  • 第19回「恋愛の地方格差」
  • 第18回「二軍サミット」
  • 第17回「ミスチル問題」
  • 第16回「合わせる女、気づかない男」
  • 第15回「未知との遭遇2~お見合いパーティ編~」
  • 第14回「つき合うって何ですか?」
  • 第13回「恋愛自家発電問題」
  • 第12回「失恋大反省会」
  • 第11回「男女のお会計問題」
  • 第10回「未知との遭遇1~クラブ潜入編~」
  • 第09回「カラオケ的コミュニケーション・後編」
  • 第08回「カラオケ的コミュニケーション・前編」
  • 第07回「ドメスティック男子」
  • 第06回「技術の恋愛、感情の恋愛」
  • 第05回「気になるエピソードから」
  • 第04回「二軍男子って何ですか?」
  • 第03回「ちょっと聞いて欲しいんだけど…」
  • 第02回「すべての彼女に懺悔しな!!」
  • 第01回「桃山商事って何?」
  • test