Warning: opendir(/home/users/1/lolipop.jp-19650f14ca24e186/web/wp-content/plugins/contact-form-7/modules) [function.opendir]: failed to open dir: Permission denied in /home/users/1/lolipop.jp-19650f14ca24e186/web/wp-content/plugins/contact-form-7/settings.php on line 31
VOL.5 独りロックフェス 後編 | 桃山商事

VOL.5 独りロックフェス 後編

2013.10.14

 

「フジテレビでやってるロックフェス」

と勘違いして、アイドル系のフェスに行ってしまった前編。

 

hitoreal_05b_0

 

まあ、私としては、

こちらの方が格段に居心地のいいフェスだったわけですが……

そうは問屋(上の者)がおろしません。

 

 

そして翌日……

 

 

「ロックフェスなんだから、ロックな格好で行けよ」

家で森田専務が筋トレをしながら放ったひと言により、

 

hitoreal_05b_1

 

ハードロックカフェのマークが入った変な服を着用させられました。

 

そんなこんなで、

全身にロックな武装をまとっていざ出陣\(^o^)

新幹線で一路、越後湯沢へ!

 

hitoreal_05b_3

 

そして、あっという間に到着!

今の電車って早いんですね〜

 

下車して最初に感じたこと、それは……

 

 

 

hitoreal_05b_2

 

寒っ!!!

 

 

忘れておりました。

ここ越後湯沢といえば……

 

hitoreal_05b_4

 

的な町であることを。

 

上着? ないです、そんなもん。

「ロックに上着なし」って、森田専務も言ってたし……。

 

そんなこんなで、

寒気と不安と周囲からの視線で吐きそうになりながら、

バスに揺られ、何とか到着。

 

 

ついに〜〜〜

 

hitoreal_05b_5

 

やってきましたフジロック\(^o^)

 

 

hitoreal_05b_6

 

チケットを渡し、念願のリストバンドもゲット!

やっとこれで私もフジロッカーの仲間入りです。

 

これを腕に巻きつけるやいなや……

 

Oh! ビッグダディ!」

 

hitoreal_05b_7

 

「カッコイイデスネ!!」

 

早速、ニッポン大好きな外国人女性3人組に囲まれました。

これはこれでうれしいけど……

 

hitoreal_05b_8

 

 

 

今、なんつった?

 

 

確かに……

 

hitoreal_05b_9

 

 

 

 

 

hitoreal_05b_10

 

ヒゲ以外、完全に一致wwwwww

 

 

 

 

気を取り直して、

どんなアーティストが出ているのか、

もらったリストでチェックしましょう。

 

 

タイムテーブル

 

 

OK、全然わかんない。

 

ドリカムとかミスチルとかが出るわけじゃないんですね。

 

みんな、それぞれ青春時代を過ごした

思い出のアーティストや曲ってあると思うんですが、

中高時代、私はユーロビートを聴いていました。

 

友人A「この長い~長い下り坂を~君を自転~車の後ろに~乗せて~~」

私「ツクツクツクツクツクツクツクツク………」

 

友人B「果て〜しな〜い闇の向〜こうに〜〜」

私「ピロリロリ〜ロリ〜〜ピロッピロ〜ピロ〜〜」

 

そんな感じですからカラオケに行ってもまったくおもしろくなく、

つき合っていた彼女からカラオケに誘われても、100%断っていました。

 

1回でも行っていれば、

変な広告研究インカレサークルのイケメンに

寝取られることもなかったのかなぁ……

 

 

 

そのまま木陰で自殺しそうになったので、

何かオススメのアーティストを聞こうと、

近くにいた人に話しかけてみました。

 

hitoreal_05b_11

 

「すいません、今日のお目当ては誰ですか?」

 

hitoreal_05b_12

 

The Cureですね。一応見る順としては、Yo La Tengoから、WILKO JOHNSONSavagesでしょ、それでMumford & Suns、相対性理論を見てから、できればVampire Weekendを最後の方だけ、それでThe Cureって感じです。あとは体力の続く限りREDMARQUEEで踊ろうかなと思ってます」

 

 

 

……真の独リア充って、

こういう人のことをいうのかもしれません。

 

 

 

じっとしていても寒いだけなので、

勇気とベースを持って進んでみると、

めちゃくちゃ広くて気持ちいい!!

 

大ステージ

 

みんなお酒を飲みながら超気持ちよさそうにしています。

そして隣には、大切な仲間とか、家族とか、恋人とか。

 

ふと思ったのですが、音楽を聴いて踊り出すって行為、

すごくエロくないですか?

 

ステージに歓声を浴びせながら、

ときおり横の彼を見る彼女の顔の色っぽさったら!

これもう、セックスですよ、セックス!!

 

hitoreal_05b_13

 

大学時代、彼女を学園祭に呼んで案内していたところ、

たまたまステージで彼女の好きなメロコアを演奏しているバンドがいたので

足を止めて一緒に見ていると、彼女が身体を揺らしているではありませんか。

 

その姿が何かエロかったので思わず嫉妬してしまい、

「だったらずっと聴いてれば?」と声をかけて

独りでカレーを食べに行ってしまったことを思い出しました。

 

これはつまり「僕のことだけ見てて!!」という

ガキまる出しの行動だったわけですが、

そういうことが積み重なって、

変な広告研究インカレサークルのイケメンに寝取られることになったのだと、

今、強く確信しております。

 

 

ちなみにこれは、当時私が嫉妬をする度に

戒めとして繰り返し見ていたメモ。

 

hitoreal_05b_14

 

きっと今なら、踊る彼女の姿を愛おしいと思えるような気がします。

 

 

 

……干支が一周するぐらい遅いけど。

 

 

頭がクラクラしてきたので、

少し休憩をしようと川のほとりへ。

 

hitoreal_05b_15

 

遠くで鳴り響く音楽と、川のせせらぎが織りなす絶妙なハーモニー。

子どもたちのはしゃぐ声が最高のアクセントになっています。

 

「泳ぎたいけど、ベースが濡れちゃうしなぁ……」

 

なぜ私は弾けもしないベースを持参させられたのか、

真剣にその意味を問い直し始めた、そのとき。

 

hitoreal_05b_16

 

突然の豪雨が!!!!!

 

hitoreal_05b_17

 

一瞬でずぶ濡れになりました。

 

山の天気と女心は秋の空。

あれ? 何だか違うような気がしますが、

とにかく変わりやすいから気をつけろと

ネットにあれだけ書いてあったのに!!!

 

そしてさらに冷え込む気温……。

会場で最もロックな薄着をしている私は、

体温が約30度くらいまで低下してまいりました。

 

そして浮かぶ、おばあちゃんの顔(生きてるけど)。

 

hitoreal_05b_18

 

 

ヤバい、何か温かいものを食べねば……。

 

 

hitoreal_05b_19

 

霞む視界の中、飛び込んできた味噌肉うどん!

ホントは横浜家系ラーメンが食べたかったけど、

背に腹は代えられません。

 

hitoreal_05b_20

 

うんまっ!!!!

 

おかげで死なずに済みました……。

出しっぱなしのハイレグが惨状を物語っております。

 

 

 

さて、そろそろお別れの時間がやってまいりました。

今回、アイドルフェス、フジロックと2日連続参加してみて、

いろいろとわかったことがあります。

 

 

・フェスとは、別になくても生きていけるけれど、

なんとなく行かないと、触れないと気が済まないものである。

 

・フェスとは、誰かに先を越されるのはある程度仕方ないけど、

かといってじっとしているのも落ち着かないところである。

 

・フェスとは、みんなで自己表現するキモさを共有しているため、

躊躇なく踊ったり叫んだりしても全然OKな場である。

 

 

これらが、孤独に苛まれながら私が感じたことでした。

何かこれ、恋みたいじゃないですか!!!

 

久しくこんな気持ちになっていませんでした。

来年もどこかへ出かけてみようかな。

 

hitoreal_05b_21

 

 

 

今度はベースを家に置いて。